株式会社セイブ

採用情報
RECRUIT

社員の声

voice世間では無名だが仕事の中身はデカイ

グループ社員数約100名。会社は規模としては、それほど大きくはない電気設備工事会社である。もちろん皆さんもウチの社名を聞いたことはないだろう。しかし、これまで手がけてきた案件は、それこそ話題性のある誰でも知っているものばかりなのである。ざっと列挙してみると、東京ディズニーシー、東京ミッドタウン、日本テレビ本社、アンパンマンミュージアム、横浜ランドマークタワー、パシフィコ横浜など。会社の規模に反比例したデカい物件を手がけてきているのだ。実際、現在手がけている工事も、ほとんどが数億円単位のビッグプロジェクトばかりである。しかし、なぜこの小さな会社が、それだけのデカい仕事を手がけることができるのか?これからその理由についてご紹介していきたいと思う。

voice現場には苦労が多いがやりがいと達成感を味わえる

当然のことだが、現場での仕事が工程通りキッチリと、しかも美しく仕上がらないと次の仕事は回ってこない。その辺りもセイブは抜かりのない仕事ぶりで定評がある。とはいえ、現場の監督としてその域に達するには、まあ早くて5年はかかる。やはり現場にはそれなりの苦労がある。
監督といえば、設計図や工程表を見ながら職人さんたちに指示する仕事というイメージだが、自分で手を汚さずに仕事を覚えられるわけがない。
例えば入社1年目の社員は監督見習いのかたわら職人さんの作業を手伝っているし、時には重い機材を運ばなければならない。工事で使う材料の注文を間違うと、職人さんに再確認して、急ぎで材料を集めてきたり。翌日の段取りもして、終わるのは夜遅くなることも。

voice社員の声
  • 私が入社した当時より会社規模は大きくなりましたが、役職を越えての話ができます。

    何かある事たびに、全員で助け合えます。

    未経験者は最初のうちは大変と思いますが、その分やりがいのある仕事ができます。

    人間関係が良く、誰でも知っている建物に携われるので人に自慢できます。

    現場でトラブルが起こった時は、それぞれの社員が時間を割いて集まって助け合うというところがすばらしいと思います。

    中小企業なのに、スケールの大きな仕事ができる会社です。

    会社の人がとてもアットホームです。

    新築現場での図面書きや、職人への指示を確実に伝え、竣工にこぎつけることにやりがいを感じています。建物ができた後、送電して照明が点灯された瞬間は何とも言えない感動がこみ上げてきます。

  • 本人のやる気次第で、重要な仕事を任され、自分の能力を100%発揮できる会社です。

    自信を持って仕事をしながらも、楽しんでいて、気持ちよく一緒に働ける社員がたくさんいる会社です。また、仕事に集中できる環境を整えてくれる会社でもあります。

    後世に残る建物を完成させた時は、特に大きな達成感があります。受電して照明が点灯した時などは感動します。反対に何をやってもうまくいかず、評価が低い時などはこの仕事の厳しさを感じます。

    忙しい現場のフォローなどができた時や、「ありがとう」「助かった」など言われた時はうれしくなります。

    現場のすべての管理を任され、試行錯誤しながらも仲間たちと目標を達成することがやりがいです。自分の考えたことがうまくいった時は成長したのを実感できます。しかし、現場は常に動いているので、1つの問題を解決しても次から次へと問題は発生してきます。それを落ち着いて解決していくのが大事ですね。

    形に残る仕事をしていることに誇りを持っていますし、厳しい工期の中で仕事をやり遂げた時の達成感は何物にも代え難いです。造った建物に送電した時には優越感を感じ、自分のやったことが誇らしく思えます。

    内装工事が完了した時に感じる達成感が、やりがいです。その反面、工程に合わせて設計者(デザイナー)の意図することを図面化できなかった時などは、自分の未熟さを感じます。

    自分の指示で人が動くため、もちろん責任は大きくなりますが、工事を完了した時は苦労も忘れて嬉しさだけが残ります。

このページの先頭へ